• お問い合わせ011-681-2800
  • 直通090-2814-1136
  • 〒006-0816 北海道札幌市手稲区前田6条16丁目18-19

初心者講座

  • Studio style Sでは、楽器初心者の方のご利用も大歓迎
    使い慣れていない機材などはここでチェック!
    わからないことがあればスタッフにお聞きください。

マイクの接続・ミキサーの使い方

  • すべてのPA機材の電源がオフになっていることを確認してから、マイクの出力端子をミキサーに接続します。トラックボリューム・マスターボリューム(音量設定のメーター)が0(最小)になっていることを確認してから、ミキサーの電源をオンにします。徐々にフェーダーのボリュームを上げて調節して下さい。(※終了時はトラックボリューム・マスターボリュームを0にして、ミキサーの電源をオフにします。)

スタジオでの注意点

スタンバイ状態の確認

アンプはスタンバイ状態で電源のON OFFを行ってください。

ギターアンプのボリュームが上がったままシールドを抜かない

ボリュームがあがったままでシールドを抜き差しすると、アンプから「ボンッ」と大きな音がでます。

アンプの上に飲み物を置かない

スタジオによっては室内での飲料のみ OK のところもありますが、アンプの上にジュースの缶やフタの空いたペットボトルを置くのは厳禁。

ケーブルの巻き方

ただぐるぐる巻いただけだと断線のもとに・・・順巻きと逆巻きを交互に行うと、断線もなく長くお使いいただくことができます。

終了5分前までには出れる準備を

スタジオ練習が楽しいあまり時間を忘れてしまう気持ちもわかりますが、次にスタジオに入る人のためにも片付けは早めに済ませて、5分前までには出れる準備をしておきましょう。